BLOG

BWSALON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 口臭
  4. お口と全身の繋がり

お口と全身の繋がり

明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

 

新年最初の記事、、、
今回は「 お口 」と「 全身 」についてです。

口腔からくる全身疾患などを紹介していきます。

糖尿病と歯周病が密接な関係にあり
合併症とも言われるようになったのはもう有名ですね!

歯周病とは

歯周病とは歯茎の病気です。
歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌が
歯茎を炎症させたり
歯を支えている歯槽骨を吸収させ、歯を不安定な状態
ひどいとそのまま抜け落ちてしまうケースもあります。

重度になるまで気が付かないことが多いため
サイレントディジーズ( Silent Disease )
静かなる病気 とも呼ばれています。

 

簡単な歯周病のチェックとしては
口臭です。

「生臭い」「腐った臭い」
感じたら歯周病だと思っていいと思います。

口臭の原因の90%「口腔内」が原因です。
自分の口臭は意外と分からないものです。
でも、人様に「口が臭いですよ」とはなかなか言えません。

だから、歯周病の罹患率は80%にも上るんですね。

歯周病と全身疾患

歯周病と密接に関わる全身の病気を紹介します。

糖尿病
脳血管疾患
心疾患
AIDS(潜伏感染HIVの活性化)
早産・低体重児出産

これらは、歯周病が原因で引き起こすという訳でなく
歯周病が誘因となる疾患です。

直接の原因としていなくても
全身疾患の進行を早めたり
原因物質を増やしてしまいます。

歯周病菌が全身に及ぼす影響

お口の中にある歯周病菌が
どうして全身の、それも場所はバラバラ。
また 心臓・脳・生殖器 という
命、生活、繁殖という人の真髄となるところに
影響を及ぼすのか気になりますね。

先程説明した歯周病についてですが
その続きからです。

歯周ポケット内で歯周病菌が炎症を起こします。
→歯茎が赤く腫れる、出血する
※歯肉炎・歯周病の症状

炎症によってできた炎症物質や歯周病菌が
歯茎の潰瘍面(炎症を起こしているところ)から入り
血管を通じて全身に回ります。

こうして、全身に菌がまわり
病気の進行を促進しています。

現に、糖尿病を患った方が
歯周病の治療を続けた結果
糖尿病の値が減少したという研究結果も。

特に糖尿病はこれだけ
歯周病と密接に関わっています。

妊娠性歯周炎

これは、歯周病が関わる全身疾患の1つである
早産・低体重児出産
の妊婦さんに起こる歯周疾患のことです。

 

姙娠性歯周炎とは
元々、歯周病を患っていなくても
姙娠された方は誰しもがなりうるものです。

ホルモンの分泌により
歯周病菌が活性化され、どんどん
歯周病が悪化していきます。

歯周病による歯茎の炎症で出た
炎症物質が全身にまわり
早産・低体重児出産を促してしまうのです。

まとめ

このように、歯周病は全身の病気に
大きく関係しています。

私が思うのは、人はなんでも
口から取り入れます。

酸素も水分もご飯も

人として動くためのエネルギーは
口から入ってくるのです。

「 人は口から老いる 」

と言いますが、本当にこのことです。

 

オーラルケアの大切さは
失った人にしか分からないものと
思っていましたが、

歯は失ったら取り戻せません。

大人になって生えている歯は
取り替えようがないのです。

 

老いが口からくるなら、口から若返りましょう!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

BWsalon ~お口のケア専門店~

*むし歯・歯周病にならないお口の環境作り
*歯磨きで未来の健康と美を守る

○茨城県結城市結城11378−6 2F
○営業時間 8:00~22:00
◎最終受付 21:00迄( 完全予約制 )

LINEでのご予約・お問い合わせもお待ちしています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

The following two tabs change content below.
歯科衛生士 田村

歯科衛生士 田村

BWSALON歯科衛生士の田村です。 お口の健康の事、普段のメンテナンスの方法まで、 お一人お一人の状態やお悩みに合わせて丁寧にアドバイスをさせて頂きます。美しく健康的なお口をしっかりキープしていくお手伝いを致します。 お気軽にご相談ください。
歯科衛生士 田村

最新記事 by 歯科衛生士 田村 (全て見る)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事