BLOG

BWSALON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ホワイトニング
  4. ホワイトニングの種類はこう選ぶ!!値段の違いやリスクはあるの?

ホワイトニングの種類はこう選ぶ!!値段の違いやリスクはあるの?

ホワイトニングは、大きく分けて

・歯自体の色を白くするホワイトニング
・歯本来の色を取り戻すホワイトニング

この二種類です。

歯自体の色を白くするホワイトニング

まず、”歯自体の色を白くするホワイトニング”
こちらは強い薬剤を使用するので歯科医院でしか行なえません。

この中でも

オフィスホワイトニング = 歯科医院で行うホワイトニング
ホームホワイトニング = ご自身でマウスピースを用いて行うホワイトニング

に分けられます。

どちらもホワイトニングとして使用する薬剤は同じもので、歯の中の色を白くするものです。

歯のどこを、どうしているかと言うと
歯の一番外側にあるエナメル質には”エナメル小柱(ショウチュウ)”という管があります。
その管の中の色素を分解することで、色素がなくなり、歯は白くなっていきます。

歯科医院でのホワイトニングになりますが保険は適用外なので全額自己負担になります。

私が以前働いていた歯科医院では上下の前歯12本で¥25,000−
オフィスホワイトニングとホームホワイトニング両方行う
「 デュアルホワイトニング 」だと¥45,000−でした。
相場が大体¥26,000−なので、かなり良心的な価格でした。

強い薬剤を使う為、アレルギーをお持ちの方妊娠中や授乳中の方には行えず、年齢制限があります。
加えて、歯肉炎や歯周病で歯茎が腫れていたりむし歯があるとすべての治療を完了させてからになるので、すぐにはできない場合があります。※禁忌

使用する薬剤が歯茎に触れてしまうと、歯茎も漂白されてしまい火傷のような状態になります。
薬剤により、歯が凍みたり痛みを伴うことがあります。それを我慢してしまうと酷いときには歯髄炎も起こしかねません。

また、処置後は歯が色素を取り入れやすい状態になっていますので食事制限があります。

歯科医院での説明をしっかり聞き、理解した上で行うことをオススメします。

歯本来の色を取り戻すホワイトニング

次に、”歯本来の色を取り戻すホワイトニング”です。
こちらはペーストやジェルの有効成分を活用して歯を白くします。
「セルフホワイトニング」もこの種類ですが
BWsalonではナチュラルホワイトニングを行います。

歯自体の色を変えるのではなく、歯の表面についた着色を落とし歯本来の白さにすることです。

毎日の食事や嗜好品、習慣の中で長い月日を経て、少しずつ着色していくのです。
この歯の表面についた着色を有効成分が分解して落としてくれます。

当サロンでは、BWコースBWcareコースに取り組まれております。
値段は¥3,000〜¥6,000 となっています。

当サロンのナチュラルホワイトニングは、お口の中をケアしながら行うので
もし薬剤でのホワイトニングにも興味をお持ちの方でしたら
ナチュラルホワイトニング終了後はそちらに切り替えやすいかと思います。

リスクはほぼありませんが
デメリットとして、個人差はありますが白さに限界があります。

ですが自然な白さをお求めの方にはとてもオススメです。

 

当サロンでのナチュラルホワイトニングは
歯の表面の細かいザラつきや傷をなだらかにするので着色がつきにくくなります。
もちろん、食事制限はありません!

施術後のご予定等にも支障をきたさないかと思います。

まとめ

一括りに「ホワイトニング」と言っても選択を間違えると
これから一生使っていく歯なのに後悔する結果になってしまいます。

傷つけてしまう結果になったり
ホワイトニングでの理想の白さを実感できなかったり…

種類や方法の中でご自分に合った選択をすることが大切です。
不安な点や疑問に思う点、出来る限りお答えし
生活スタイルや状態に合わせた方法をアドバイスさせていただきます。

ご気軽にお問い合わせください。

BWSALON公式サイト>>

The following two tabs change content below.
歯科衛生士 田村

歯科衛生士 田村

BWSALON歯科衛生士の田村です。 お口の健康の事、普段のメンテナンスの方法まで、 お一人お一人の状態やお悩みに合わせて丁寧にアドバイスをさせて頂きます。美しく健康的なお口をしっかりキープしていくお手伝いを致します。 お気軽にご相談ください。
歯科衛生士 田村

最新記事 by 歯科衛生士 田村 (全て見る)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事