BLOG

BWSALON

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 口臭
  4. あなたも歯周病?

あなたも歯周病?

こんにちは!
歯科衛生士の田村です。

今回は、” 歯周病 “についてです。

成人の8割がなっているというのに
自覚症状がある方はほとんどいません。

気づいたときには、歯を支える骨が溶けていたり
口臭がひどくなっていたり、歯茎がパンパンに腫れていたり、
最悪の場合「抜歯」せざるを得ない状態にも…

まずはご自分の今の状態を知りましょう。

 

あなたはいくつ当てはまりますか?

1.歯磨きの時、出血する。
2.歯茎が痒い感じがする。
3.食事の際、歯と歯の間によくものが詰まる。
4.起床時、口の中がネバつく。
5.口臭が気になる。(ドブ臭さや生臭さ)
6.歯が浮いた感じがする。
7.歯茎が腫れている・腫れたことがある。
8.歯茎が下がった・歯が長くなった気がする。
9.硬いものが噛みにくい。
10.歯茎が赤い。(薄ピンクではない)

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

当てはまる数が多ければ多いほど歯周病は進行しています。

一つでも当てはまれば
それは、歯周病予備軍です。

急に痛みがでることはなくても
菌が増えるタイミングがあれば出血を伴う痛みや
食事が好きなように取れなくなってしまいます。

対処法

先程のチェック項目で、ほとんど当てはまってしまった方は
重度の歯周病である可能性が高いです。

歯周病だけでなく、全身疾患にも
影響を及ぼしている場合も考えられますので
まずは歯科医院での歯周病治療の受診をオススメします。

この際、注意してほしいのが
歯周病治療にしっかり向き合ってくれる歯科医院を選ぶことです。

たくさんある歯科医院の中で自分に合った歯科医院を探すのは
難しいですが、歯石を探知できない歯科衛生士さんも少なくはありません。
ここで歯石や不良肉芽の取り残しがあると炎症を繰り返してしまいます。

重度の治療となると、痛み・出血は伴いますが
頑張って行きましょう。

 

 

 

チェック項目に一つでも当てはまった方は
歯周病予備軍と言いましたが、そんな方にはまず
フロス糸ようじをすることをオススメします。

当サロンでも必ず行うフロスですが
汚れを取り除くだけでなく

私は「むし歯や歯石が無いか?」
「歯周ポケットはどうなっているか?」

なども、一緒に診ています。

フロスは正しいやり方で使用し、やっと効果を発揮します。
(正しいやり方でなくても汚れが全く落ちないわけではありません!)

ご自分でやるのが難しい方・不安な方は
気兼ねなくいらしてください!

ご自宅でもケアの一環としてやってほしいことは
必要な道具・コツ・注意点などを含め
一人一人に合ったものをお伝えします。

 

ハブラシに関しては、出血がある場合
痛みが無ければ血はどんどん出して大丈夫です!

ただ、あまりゴシゴシ磨きすぎると
歯や歯茎に負担がかかり
知覚過敏になりかねないので注意が必要です。

どんなに気になっても、優しくです!

 

まとめ

 

大切なのは、そこからの維持です。

せっかく治療をしても、放っておけば
歯石は早くて2〜3日で付いてしまいます。

ここですぐ歯石が付いてしまっては
治る歯茎も治りません。

 

新しい汚れが付かないよう
日々のケアでキレイな状態を維持し、健康な歯茎・口腔内に戻す。

そこでやっと、本当の意味で
歯磨きでのケアの大切さを実感して頂けると思います。

 

 

The following two tabs change content below.
歯科衛生士 田村

歯科衛生士 田村

BWSALON歯科衛生士の田村です。 お口の健康の事、普段のメンテナンスの方法まで、 お一人お一人の状態やお悩みに合わせて丁寧にアドバイスをさせて頂きます。美しく健康的なお口をしっかりキープしていくお手伝いを致します。 お気軽にご相談ください。
歯科衛生士 田村

最新記事 by 歯科衛生士 田村 (全て見る)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事